DESIGN TOKYO 事務局
リード エグジビション
ジャパン(株)内


【来場に関して】
TEL:03-5302-3038
FAX:0120-526-644
giftex-vis@reedexpo.co.jp

【出展に関して】
TEL:03-3349-8505
FAX:03-3349-4922
dt@reedexpo.co.jp


〒163-0570
東京都新宿区西新宿1-26-2
新宿野村ビル18階

出展のご案内

本展の特徴 Exhibition Outline

本展は“売れるデザイン”をコンセプトに、厳選されたスタイリッシュな製品が世界中から一同に集結。
国内外のトップバイヤーとの商談はもちろん、業務提携、マーケットリサーチなど、その場で取引が行われる本格的なビジネスの場となります。貴社ビジネスの拡大のために、ぜひご出展ください。

本展の特徴

特設ゾーン Special Zone

アロマ・フレグランス ゾーン

デザイン性の高い香りアイテムが一堂に出展する待望の新ゾーン。アロマキャンドル、ディフューザー、フレグランス、お香 などが集結します。


インテリア ゾーン

DESIGN TOKYO の中でも、インテリアに特化したゾーン。家具、テーブル・イス、カーペット・ラグ、クッション・照明・ランプ、テーブルウェア、香り・アロマ製品、インテリア雑貨 などが集結します。


JAPAN NOW !

「日本のデザイン製品」を日本&世界に発信するゾーン。
今、日本製・日本ブランドに国内外より注目が集まっています。
日本ブランドを強調したい、日本製(メイドインジャパン)、伝統工芸品をデザインで売りたい・・ など、日本を活かした製品が集結。


出展審査 Screening Policies

DESIGN TOKYOでは、展示会のコンセプトを尊重し、出展製品のクオリティーを維持するためにデザイン業界で最先端で活躍するデザイナー、トップバイヤー、プレスなどの方々で構成する委員会を設け、出展審査を行います。
その際、会社情報、出展製品情報などをご提出いただきます。

本展の特徴イメージ

審査委員(敬称略・順不同)

  • トップイメージ

    川崎 和男デザインディレクター
    大阪大学名誉教授
    名古屋市立大学 名誉教授

    インダストリアルデザイン、プロダクトデザインを中心とし、デザインディレクターとして伝統工芸品からメガネ、インテリア用品、機械実装設計やコンピュータ開発まで幅広くデザイン活動を行う。国内・海外デザイン賞を多数受賞。ニューヨーク近代美術館をはじめ、海外の主要美術館に永久収蔵・永久展示多数。

  • トップイメージ

    髙島 郁夫株式会社バルス
    代表取締役社長

    1990年に(株)バルスを設立。
    国内外で体得した感性と独自の視点により、2012年に20周年を迎えたFrancfrancを中心に、BALS TOKYO、J-PERIOD、WTW、La Boutique Francfrancなど150店舗以上を展開している。
    ファッショントレンドや感性からマーケティングを実施した事業展開にて、業界から注目を集めつづけている。

  • トップイメージ

    ミシェル・フィッシャーMoMA
    ニューヨーク近代美術館
    キュレトリアル・スタッフ

    MOMAのキュレーティングスタッフとして活躍する傍ら、ハーバード大学デザイン大学院やパーソンズ・スクール・オブ・デザイン等でアート・建築・デザインの歴史を教える。MoMA以前はソロモン・R・グッゲンハイム美術館やメトロポリタン美術館にて勤務。
    スコットランド出身。デザインやアートへの情熱はチャールズ・レニー・マッキントッシュやジェームズ・マクニール・ホイッスラーの作品から影響を受けている。

  • トップイメージ

    長山 智美インテリア スタイリスト

    雑誌「Casa BRUTUS」、「ELLE DECO」などのインテリアやプロダクトページのスタイリングを中心に活躍。その他、企業ショールームやカタログのインテリアスタイリングなども手掛ける。単なるモダン信奉者ではなく、生活者の日常のシーンにマッチングするモノ、コトにも関心を持ち、精力的に研究している。

会場レイアウト図 Floor plan

関連する展示会との同時開催により、有力バイヤーがさらに来場します。

『GIFTEX』は、DESIGN TOKYOを含む全7展で構成されており、インテリアショップ、セレクトショップ、百貨店、雑貨店など多岐にわたる有力バイヤーが来場。関連する展示会との同時開催により、DESIGN TOKYOでは、業界を越えた取引が活発に行われます。

会場レイアウト図(予定)

来場者 Visitor

各業界から多数の有力バイヤーが来場 前回来場した主なショップ(一部抜粋)

セレクトショップ・ライフスタイルショップ・デザインストア

  • ■URBAN RESEARCH
  • ■Idea Seventh Sense
  • ■AXIS
  • ■ACTUS
  • ■entre vida
  • ■isso ecco
  • ■ITS'DEMO
  • ■EDIFICE
  • ■IDEE
  • ■ILLUMS
  • ■F.O.B COOP
  • ■Crastina INTER FURNITURE
  • ■SAZABY
  • ■Samantha Thavasa
  • ■BEAMS
  • ■SHIPS
  • ■CIBONE
  • ■水金地火木土天冥海
  • ■TOMORROWLAND
  • ■nano universe
  • ■バーニーズジャパン
  • ■Flying Tiger Copenhagen
  • ■maturite
  • ■yamagiwa
  • ■UNITED ARROWS
  • ■LAZY SUSAN
  • ・・・など

インテリアショップ・雑貨店

  • ■イノブン
  • ■unico
  • ■ESTNATION
  • ■Karimoku60
  • ■キャトルセゾン
  • ■KEYUCA
  • ■THE CONRAN SHOP
  • ■JOURNAL STANDARD
  • ■George's Furniture
  • ■TIMELESS COMFORT
  • ■東急ハンズ
  • ■B-COMPANY
  • ■ロフト
  • ■プラザ
  • ■Francfranc
  • ■プリンセス ワン スプーン
  • ■ブルーブルーエ
  • ■FREAK'S STORE
  • ■無印良品
  • ・・・など

百貨店

  • ■小田急百貨店
  • ■そごう・西武
  • ■大丸松坂屋百貨店
  • ■東急百貨店
  • ■東武百貨店
  • ■パルコ
  • ■阪急阪神百貨店
  • ■松屋
  • ■丸井
  • ■三越伊勢丹
  • ■ルミネ
  • ■髙島屋
  • ・・・など
水増し無しの憲法

前回出展社の具体的な成果 (出展社アンケートより一部抜粋)

下記の成果は出展社アンケートより一部抜粋しています。
この他にも多くの出展社が大きな成果を上げています。

(株)オカムラ

製品:歯ブラシ・オーラルケア
受注見込額:7,000 万円

出展成果:
  • 雑貨店、アパレルショップなど1,100名と名刺交換。
  • 中国・韓国・台湾などの海外バイヤーも多く集客でき、その場で50万本の注文があるなど、成果に大変満足。
  • DESIGN TOKYOは質の高いバイヤーが多く、年間で7,000万円の受注見込み。
ヨークス(株)

製品:バッグ、傘、ストール
受注見込額:3,000 万円

出展成果:
  • インテリアショップ、子供服専門店、文具店、セレクトショップなど、感度の高いバイヤー30社と商談。
  • 会期後すぐに5社と商談を進め、3,000万円の受注見込み。
  • 初出展した前回よりも成果が上がり、会期中に次回出展エントリーを決定。
(株)丸十コーポレーション

製品:レイングッズ
受注見込額:2,000 万円

出展成果:
  • 今回、初出展。セレクトショップ、アパレルショップを中心に300名がブースに来訪。2,000万円の受注を見込む。
  • 新規販路開拓に加え、既存客にも取引枠が拡大できて非常によかった。
  • 次回も継続して出展する。
(株)タケダ

製品:ステーショナリー
受注見込額:数千万円

出展成果:
  • 今回、初出展。9月から発売予定の新製品とプロトタイプを展示。
  • 新規のセレクトショップ、デザインストア、メーカーなど60社と商談。
  • 会期後、数十件のOEM受注などの濃い商談をしており、数千万円の受注を 見込む。

DESIGN TOKYO大賞 DESIGN TOKYO PRODUCTS AWARD

厳正に審査されたDESIGN TOKYO 出展社の中から、”売れるデザイン” のベストプロダクトを表彰するアワードです。その年の注目製品を一堂に知ることのできる機会として、業界から大きな注目を集めています。エントリー製品はメディアに対し事前告知を行いますので、販促の絶好の機会としてご活用いただけます。

受賞特典

1 DESIGN TOKYO 会場内 特設展示スペースにてグランプリを発表
来場バイヤーや各プレス注目の場となります。
2 アワードロゴの使用権を贈呈
製品にご使用いただくことで、大幅な売上げ増につながります。

エントリー特典

  • 1 本展ホームページ内で大々的に告知
  • 2 約85万件の来場者データに対してメールプロモーションを実施
  • 3 製品情報をメディア(TV・新聞・雑誌など)へ事前告知

DESIGN TOKYO 大賞 概要

  • 優秀賞5製品(グランプリ1製品を含む)
  • 出品対象:2017年DESIGN TOKYO 出展製品
  • 出品数:1社につき、1製品まで
  • 出品料金:無料
    • お問い合わせ

    • DESIGN TOKYO 事務局 リード エグジビション ジャパン(株)内